甘くてとろける♪ 美味しい国産のはちみつの通販について特集しています。

国産のハチミツお取り寄せ通販

国産ハチミツ通販・TOP > 妊婦とはちみつ
妊婦とはちみつ

乳幼児ボツリヌス症という、1歳未満の乳幼児がハチミツを食べることによっておこる病気があります。

妊娠中のプレママさんたちは、妊娠期間にハチミツを食べたら赤ちゃんに悪影響を及ぼすのではないかと懸念する声がよく上がります。

妊産婦が口にするハチミツで赤ちゃんに悪影響を及ぼすことは全くありません。というのも、ハチミツの中に含まれているといわれているボツリヌス菌の胞子などは消化器官が発達している大人の体では即死滅してしまいます。

そのために消化のプロセスでボツリヌス菌はなくなってしまうので、お腹の赤ちゃんには分解された栄養分だけが届きます。気にせず、ハチミツを摂取してくださいね。

つわりの時期などホットレモネードにハチミツを加えるだけでもいいでしょう。お砂糖の甘味は苦手だけど、ハチミツの甘味だったら大丈夫という方には、料理の味付けなどにもハチミツを使うといいでしょう。照り焼きなどの照りがアップしますし、コクもよくなります。

また便秘がちな方には生姜のハチミツ漬けが効きます。ハチミツで甘くなっても生姜が食べにくいという方には、紅茶に生姜のエキスが溶け込んだ蜂蜜を混ぜてみるといいでしょう。暖かい飲み物は腸を刺激しますし、生姜のエキスも体に取り入れられますので、便秘で悩んでいる方にはぜひお勧めします。

妊娠期間中には風邪薬などは禁忌ですね。のどがいがらっぽいなどという時にはハチミツをひと匙なめてみるだけでも違います。ハチミツに薬局で売っているハッカ油を1滴たらしお湯を注いで蒸気を鼻から吸い込みながらゆっくり飲み干すだけでも風邪の予防につながりますよ。

関連エントリー
Copyright (C) 国産のハチミツお取り寄せ通販. All rights reserved