甘くてとろける♪ 美味しい国産のはちみつの通販について特集しています。

国産のハチミツお取り寄せ通販

国産ハチミツ通販・TOP > はちみつと賞味期限
はちみつと賞味期限

塩や砂糖、アイスクリームには賞味期限を示す表示がありません。
塩や砂糖は長期間保存しても変質しませんので賞味期限が定められていないのです。アイスクリームに関しては、冷凍の温度管理下においては安定した品質を保てる製品なので賞味期限などを省略できると定められています。

では、ハチミツには賞味期限があるのでしょうか?ハチミツは保管時の温度変化が著しいと白く結晶化してしまいますが、品質上は何ら問題なく食することができます。温めると結晶化が融けて液状のハチミツに戻ります。

ハチミツは砂糖などと同様、保存食品のために保管方法さえきちんとしていれば長期間経過後も問題なく食することができます。

防腐作用もありますし、抗菌作用も認められているので、カビ等が生えることがないのですが、純正ハチミツ以外の加工されたハチミツ(数種類のブレンドハチミツなど)であれば、カビが生える心配も指摘されます。

そのために国産のハチミツであれば、風味を損なわずおいしく食べられる期間として賞味期限を2年間と定めることになったそうです。

100%の天然物のハチミツであれば、賞味期限を過ぎたとしても普通に食べることができますので、安心してください。ですが、賞味期限が過ぎた食品を口に入れることに抵抗を感じる方も少なくありません。そんな時は、ハチミツを加熱して利用していきましょう。

煮物や照り焼きなどの照りやコクを出すためにハチミツを無駄なく利用していくと最後まで使い切ることができます。

関連エントリー
Copyright (C) 国産のハチミツお取り寄せ通販. All rights reserved